厚労省が非科学的という見解を正式撤回

厚生労働省は、採用選考のガイドラインを示した「公正な採用選考をめざして(平成30年度版)」から、『「血液型や生年月日による星座」による性格判断は非科学的なもの』という見解を正式撤回した(2018年2月8日付)そうです!

実際に血液型のところを読んでみたら、確かに「非科学的」という記述がなくなっていたので驚きました。

 

次は昨年の平成29年度版(2017年度版)でのp28の記述です。問題事例7には、

 

「血液型や生年月日による星座」による性格判断は非科学的なもの

 

とあり、確かに「非科学的なもの」とあります。

しかし、最新版である平成30年度版(2018年度版)のp28の同じ部分には、

 

「血液型や生年月日による星座」は本人に責任のない生まれ持った事項

  

となり、「非科学的」という記述が見事に削除されてしまいました!

 

 

これで、厚生労働省は正式に「血液型と性格は非科学的」という見解を撤回したことになります。

岡野誠さんの抗議が効いたようです。

素直にうれしいですね。

 

出所:岡野誠さんのサイト 

 

2018.12.11更新