病気と血液型

永田宏さんの書いた2冊の本に詳しい解説が出ています。

 

2014年

血液型で分かる 病気のリスク 

2013年

血液型で分かる なりやすい病気 なりにくい病気

 

次は、これらの本の帯や裏表紙の解説からです。

詳しくは、これらの本をお読みください。

 

血液型で分かる 病気のリスク(2014年)より

 

A型➡胃がん

B型➡すい臓がん

O型➡ピロリ菌に要注意⁉

AB型血栓症のリスクはO型の約10倍!

遺伝子レベルの研究で判明した正しい血液型の活用術

 

血液型で分かる なりやすい病気 なりにくい病気(2013年)より

  

血液型を決める遺伝子のはたらきが

解明されたのはわずか20年前。

以降、分子生物学的な研究と

大規模な疫学調査によって、

血液型と病気の関係が

次々と明らかになってきました。

 

その最新の成果を紹介します。

――――――

膵臓がん O型に比べB型は1.72倍のリスク

胃がん O型に比べA型は1.20倍のリスク

胃・十二指腸潰瘍 非O型に比べO型は1.35倍のリスク

エコノミー症候群 O型に比べ非O型は1.86倍のリスク

脳梗塞 B、AB型はO型と比べて1.59倍のリスク

心筋梗塞 ある種のA型はO型と比べて1.23倍のリスク

ピロリ菌 細胞レベルでO型物質に結合しやすい  

 

2018.5.5更新