HOW IS TYPE A?


ごく簡単にまとめると

  • 現状脱皮願望が強い
  • 生き甲斐や使命感を持ちたがる
  • けじめやウチとソトの区別をつたがる
  • サービス精神が旺盛
  • 表情がはあまり動かずにこやか

 これでは簡単すぎるかもしれないので、もう少し詳しく書きいておきましょう。

 能見正比古さんの『血液型女性白書』からの私なりの要約です。

 A型の基本気質は、O型ほど、はっきり決めにくい。が、社会を意識する敏感さと、安全意識の2つをあげられそうである。
 前者は、O型の力関係への敏感さと匹敵する。社会というよりは、"世間"とした方がいいかもしれない。その範囲は個々のA型によって異なる。「旅の恥はかき捨て」は、A型的俚諺で、旅は、A型が世間から抜け出すことになるのである。A型は、2歳児のころから、人目を気にし、世間を意識するようである。
 A型は、優等生的社会人が多い。
世間に対して、その慣習やルール、常識を尊重し、羽目を外したり、人の注意も引かないように、後ろ指を指されないように努める人が増える。が、逆に、その反動で、世間的なものに反発する人も目立つ。共に、世間意識への敏感さから出ているのである。全体的には、前者が多数を占めるようである。欧米人には、気の強い積極派のA型が多い印象があるが、人種的な差だろうか。
 それと、もう一つの完全主義も幼児期にすでに発現する。自分だけではなく、自分の周囲にも完全な姿を要求することから、強い責任感と自立的行動が生まれ、手抜きをしない丹念さ、緻密さ、慎重さなども出てくる。他面、完全さを要求するため、"アラさがしのA"や"口うるささのA"にもなりやすい。
 完全主義と勝ち気が結びつき、自分の理屈をどこまでも通そうとするA型は、シンのある理屈っぽい人間と見られやすい。滅多に謝らないA型に、強情頑固の評判が立つ。優しさと頑固、これがA型の二重性の1つであろう。

 

 A型は身近に沢山いるため、このコメントには事欠きません。まず、A型の特徴は、内面の感情の激しさと「こうあるべきだ」という理屈です。「ウチ」と「ソト」を区別する、日本的な「イエ」の文化は、A型と言えると思います。完全主義が良く出れば優等生的社会人、悪く出れば「小言幸兵衛」となります。また、「和」を大事にする日本の文化もA型的でしょう。外国人(欧米人?)に気が強いA型が多いということですが、「自己主張すべきだ」という文化であれば、社会を意識するA型としては、自己主張が強くなるのは当然といえるでしょう。
 でも、A型的な繊細な心配りは、AB型の私としてはやはり感動しますね。


 それから、能見正比古さんのほぼ全部の著書に紹介されているA型の気質特性を引用しておきます。

  •  “何かのため”に生きる生き甲斐を求める。
  • 周囲に細かく気と使い、相手や周囲との間に波風が起るのを、特にきらう。
  • 感情や欲求は抑制するほう。ソッとした思いやりや察しあいを大切にする。
  • ルール、慣習、秩序を重視、極端さを避け、羽目を外さぬ。反面奈、やや型にはまる。
  • 筋を通し、ものごとのケジメ、白黒をハッキリつける。シンは一番ガンコで短気。
  • 縦続的な努力や肉体の苦痛によく耐える。
  • 一つ一つ段階と踏む慎重さ、緻密さで、物ごとへのとっつきはおそいが、大器晩成派。
  • 完全主義、未来へは悲観主義。苦労性。
  • 心の底には思いきってカラを破りたい、現状脱皮の夢がうずまく。

 次も、能見正比古さんのほぼ全部の著書に紹介されている「血液型別、人柄のタイプと印象」です。マスコミ関係者だけあって、非常に的確なポイントをとらえていますね。私の迷?解説付きでお届けします。

 

人柄のタイプ O型の印象 A型の印象 B型の印象 AB型の印象
上に立つ型 親分のO リーダーのA 親方のB 大黒柱のAB
O型は親子関係と同じ全人格的な関係、A型はルールに基づくリーダー、B型は技術指導に目を向け、AB型はあまり口を出さないといった傾向が読み取れます。
ほがらか型 陽気なO 明るいA おまつりB 洒脱のAB
O型はシンから陽気で明るく、A型は少し締まった印象を見せ、B型はにぎやかでケジメがなく、AB型は感情的な表現がクールというところですね。
人と結ぶ型 団結のO 協調のA 井戸端B パイプ役AB
O型は共同の目的に向かって一致団結し、A型は(自分の考えはあまり変えないが)協調し、B型は井戸端会議的にケジメがなく、AB型は自分が当事者にはならずパイプ役が得意ということですね。

 

1998.1.28更新