HOW IS TYPE O?


 ごく簡単にまとめると 

  • 目的指向性が強い
  • 現状肯定的
  • 感情の現れ方がストレート
  • 仲間意識が強い
  • 感情があまり後に残らない

 これでは簡単すぎるかもしれないので、もう少し詳しく書いておきましょう。

 次は、能見正比古さんの『血液型女性白書』からの私なりの要約です。

 男女の気質差は、原則的にはほとんどない。しかし、O型男女は一番性別にこだわる。一見ボーイッシュに見えるO型女性でも、やはり女である意識が強い。これに対して、AB型は、表面的には男らしく、あるいは女らしくしていても、内心は男女の区別は一番薄い。
 男女別の意識の強さは、O型の自然性の現れである。しかし、O型気質が自然的というのは、決して原始的ということではない。自然的というのは、すなわち人間的であるということである。A型やB型、AB型となっていくにつれ、少しずつ自然離れ、人間離れしてゆく。
 世間的には、O型女性は、しばしば女性らしくないと見られることが多い。それは、男女の気質の自然差が小さく、社会的な差の方が大きいからである。O型は、生きることを、そして、そのために役に立つ行動をまず優先させる。そこから、さまざまのO型の気質傾向が導き出されてくる。
 O型の驚くほど強い現実性もそれである。現実性とは、生存するために最も有利な行動を絶えず模索し、プラスとマイナスを素早く見分け、割り切りよく、それを取り入れていくことだ。
 この現実性が、行動に現れると、O型の目的指向性となる。実生活の上の目的に集中的に突き進む傾向である。生活と遊離した目的には、O型は、それほど熱意を示さない。生きるために直接必要な目的、たとえば職業や仕事を大きくする目的、異性を求める目的、安全を求める目的、そして特に、集団内において力を求める目的などの場合、その集中力が高まる。
 そうした目的が目前にないときは、日なたのネコのような状態となり、長く続けばひどく不安定な気分になったりする。
 O型のロマンチックな表現や、そうしたことを好む傾向は、一見現実性と矛盾するようであるが、実は、現実的行動を駆り立てる効果を上げている。O型は、ロマンチストとリアリストの二本立ての性格だが、それは見た目の上だけであり、ロマンチックな思いに行動まで引きずられて、現実性を失うということは少ない。

 

 私は、現実にはこの特徴を全部見た訳ではありません。でも、仲間意識の強さ、性別にこだわるところ、大らかさ、現実性や目的指向性というのは鮮やかな特徴だと思います。


 それから、能見正比古さんのほぼ全部の著書に紹介されているO型の気質特性を引用しておきます。

  • 生きる欲望が強い。バイタリティが盛ん。
  • 目的一志向性。目的が決ると直進し、達成力もスバぬける。目的あいまいでズッコケ。
  • ロマンチックと、強い現実性の二本立て。
  • 考え方ストレート・少々単純さも……?
  • 仲間にはスキンシップな愛を持つ。家族思い。親友には裸の開放性、親分性もある。
  • 反面、仲間外や未知の人に強い警戒心を持つ。
  • 人間関係大事にし、特に信頼性を重視。
  • 感情は、最もアッサリし、あとに尾をひかぬ。
  • 自己主張、自己表現欲強い。個性的なことを好む。
  • 専門を深め、専門家になって強いタイプ。
  • 人生の勝負師。強弱関係を意識する。ただし負けると知るとアキラメが早過ぎる感じ。

 次も、能見正比古さんのほぼ全部の著書に紹介されている「血液型別、人柄のタイプと印象」です。マスコミ関係者だけあって、非常に的確なポイントをとらえていますね。私の迷?解説付きでお届けします。 

 

人柄のタイプ O型の印象 A型の印象 B型の印象 AB型の印象
上に立つ型 親分のO リーダーのA 親方のB 大黒柱のAB
O型は親子関係と同じ全人格的な関係、A型はルールに基づくリーダー、B型は技術指導に目を向け、AB型はあまり口を出さないといった傾向が読み取れます。
ほがらか型 陽気なO 明るいA おまつりB 洒脱のAB
O型はシンから陽気で明るく、A型は少し締まった印象を見せ、B型はにぎやかでケジメがなく、AB型は感情的な表現がクールというところですね。
人と結ぶ型 団結のO 協調のA 井戸端B パイプ役AB

O型は共同の目的に向かって一致団結し、A型は(自分の考えはあまり変えないが)協調し、B型は井戸端会議的にケジメがなく、AB型は自分が当事者にはならずパイプ役が得意ということですね。

 

1998.1.28更新